ボイラーダウン

一年以上暖房が効かないまま文句を
言い続けて年末にヒーターパネルの
詰まり解消?にクレンザーを入れたら、
ボイラーがダウンしまくり、一時間以上
連続運転しなくなりました。
家は元々暖房が効かなかったので
タイマーをやめて24時間運転で何とか
温度をボチボチ維持してたので、家の中が
外のような温度に下がり、

寒くても外を歩いたほうが体感はマシなので
外気温4度の外へ出ることに。
その前の腹ごしらえは少し早いバナナをと思いましたが
皮が剥けないレベルで、無理やりむしって食べたら
キュウリより苦く固くて食べられませんでした。

外は天気よく、坂の街バーフォードへ。

寒いのに大勢の人が来ていました。

しばらく賑やかな街を歩きます。

流石に日陰は凍ってます。

トレイルも歩くと泥濘んでいます。

一時間くらい散歩して車に戻りました。

この日の写真のリンクはこちら
https://photos.app.goo.gl/Tf1QKqANraLSXV5m1

広告

マヨルカのレンタカー

マヨルカのレンタカーは返却時に
返却場所に係員がいなかったのですが、
やはり満タンで返したのに満タン分
ガソリン代40ユーロ強取られてました。
後から付けた三日分の免責0の保険、
3 x 15ユーロと合わせて86.41ユーロ
引き落とされてました。
元々4日で60ユーロ先払いだったので
合計で150ユーロくらい。
ガソリン入れてなければ満足ですね。
閑散期は人がいないことがあるので
注意です。

マヨルカ島4日目

マヨルカ島最終日はフライトが午後3時過ぎなので、
午前中は何かできます。
前日の散歩でマヨルカ広場と思っていた場所が写真を見て
違うことに気がついたので、前夜に探索していた実際の場所
へ行ってみることに。
今まで勘違いしていた広場を過ぎて

階段を上ります。

そして建物の中へ入ると、写真にあった
マヨルカ広場に出ました。
建物に囲まれていたので、到達できなかったのかな?
店やってないと景観もいまいちですね。

広場を反対側に抜けて北へ行ってみます。

歩いていると、バルデモーサで食べたエンサイマーダのパン屋がありました。

そして大聖堂側に南下して

海岸を歩いてホテルに戻り、チェックアウト。

車で空港に向かいます。
が、レンタカー返却の道端の看板にだまされて
パルマ方向の高速に戻されました。
時間もあったので、最初の出口の大型ショッピングセンターで時間つぶし。
スーパーに入ると、イベリコ豚コーナーが!

テニスラケットケースみたいなのは、この豚足を入れるケースでしょうか?
いろいろと珍しいものがありますね~
お昼ごはんもここで食べて空港へ。
今度は道端の看板がなくなっていました。

レンタカー返却場には誰もいなくて、鍵を入れるポストが。
案内を読むと、人がいない場合はオフィスへとあったので、空港の
車を借りたオフィスに行きました。
聞くと返却場に人がいるはずといい、じゃあ戻ると言ったら
ここでキー返してもいいよ、とのことだったのでそのまま渡しました。
が、何のレシートもなく終わり???
キーを渡すだけで車も見ませんでした。
アイスランドのローカルレンタカーもそうだったけど、
今回はBudget/Avisだったのに。。。
保険はフルカバーの免責0だから、やられるとすれば
ガソリン満タンで返したのにガソリン代45ユーロ程度そのまま
取られちゃうくらいだから、まあいいか。
帰りの飛行機は若干遅れたものの無事ガトウィックに到着。

この日の写真のリンクです。
https://photos.app.goo.gl/rzqPJ1MwIgd3jxyh1

マヨルカ島3日目

前日ダメだった大聖堂に再挑戦です。
朝の暇つぶしは前日行ってないアラブバスへ。
小道を迷いながら着いたら9時からとあったのに
オープンしてませんでした。

まあ暇つぶしなので問題ありません。

街を歩いてから大聖堂へ。
この日は10時に大聖堂がオープンしました。
中は朝日がステンドグラスごしに差し込んでいます。

写真では表現できないですね。

じっくりとガウディの作品を観ます。

中庭からは青空が見えます。

大聖堂を堪能したら、次はベルベール城へ。
バス停のある門を通過して丘の上まで車で上れました。
駐車場はぎりぎり空いててラッキー。
入場券を買って、坂の途中の入口まで少し戻って入城します。

珍しい円形の城からは海、

街が見渡せます。

青空のパルマの眺望を堪能して、次はドラック洞窟へ向かいます。
途中で昼食に寄ったドライブインはカタツムリがメニューにありました。
安い肉料理を食べましたが美味しかったです、カタツムリ食べればよかった。
どうもフランス料理を出す店だったようです。
座っている間に激混みになりました。
洞窟へついたら想定外の指定時刻入場制でした。
入場時刻の2時を5分以上過ぎてましたが、入れてくれました。
並んで入場したと思われる列の人々はすでに洞窟の中。

洞窟は整備されていて、中も明るく照明が灯されています。
洞窟内に澄んだ水が溜まっています。

上下つながった鍾乳石が無数にあります。

そしてクライマックスは地底湖。
観客席に座っていると、地底湖の向こうから船に乗った
演奏家たちがショパンの曲やクリスマスソングを
弾きながらこちらの方へ。

洞窟の奥の方で演奏を終わらせてツアー終了。
奥で演奏していたのは洞窟の音響効果狙いでしょうか。
最後は船で出口まで乗せてもらい、階段を上って地上に出ました。

パルマに戻って夕食は、タコを出すというか看板がタコのタパスバー。

タコ目当てだったのにグリルのタコがメニューにない!
店に頼んだら作ってくれました。

この日の写真のリンクはこちら
https://photos.app.goo.gl/wliCTwE74BKG0gMg1

マヨルカ島2日目

マヨルカ島のパルマと言えば大聖堂ということで
朝一大聖堂の周りを歩いて10時のオープンを待ちます。

ホテルの部屋の窓から大聖堂が見えます。

日の出前なので人もほとんど歩いていません。

やっと日が出てきました。

10時前なので大聖堂の入口で待っていると、中から人が出てきて、
”今日はマヨルカ島祝日だからどこも休みだ”と言い去りました。
待ってた人たちはブツブツ言ってますが、開かないなら次へ。
車でショパンが過ごしたというバルデモーサへ向かいました。

ショパンの博物館はオープンしてましたが、外から見るだけ。
修道院に隣接していました。

街は結構賑わっています。

レストランも人がいっぱい。

街の中を歩いてみます。

車の入れない路地です。

次はさらに山奥のソーイェルへ向かいました。
有料トンネルではなく、山道を選びました。
この山々が世界遺産なんだそうです。

ガードレールのない狭い道で対向車が来ないことを祈ります。
峠を越えて少し走るとソーイェルに到着。
街の手前の広い道に車を停めて、街の中心に向かって歩きます。

街の中に行くとちょうど名物の電車に遭遇しました。

旧市街を歩きます。

車の通りが非常に多いのに歩道が狭すぎて人が交差できません。

バルデモーサでもこのBon Nadal という文字が多く見られ、
テニスのナダルがバルデモーサの出身だからかと
勝手に想像してましたが、この町でも同じサインがあったので
検索してみたら*メリークリスマス*の意味でした。

車に戻って港の街に向かいました。
さっきの電車がこの港まで通っています。

車を停めようとしたら、ガラスの破片が飛び散っていて、
どうも治安が悪そうということで、港は車を停めて散策せずに
軽く巡って帰り道にディアという小さな街に寄ります。

丘の上の教会まで歩いて車に戻り、パルマに戻りました。
晩御飯はバルの人気店が開いていたのでそこで。

祝日でどこも休みのはずが、夜も人で大賑わいでした。

大聖堂のライトアップもきれいです。

この日の写真のリンクはこちら
https://photos.app.goo.gl/YqmQFrSvUgqHIvoD2

マヨルカ島1日目

冬は温かいかとマヨルカへ行ってきました。
ガトウィックの飛行機の誘導はサンタクロース。

マヨルカ島に着いて、レンタカーをピックアップ。
レンタカーサイトに書いてあったUK免許の犯歴を
聞かれることもなく、キーを渡されました。
ホテルは街の中でしたが車を停めておける場所もなく、
駐車スペースも見つからないので地下の有料駐車場に
車を停めてホテルまで歩いてチェックインしました。

予め予約してあった駐車場に車を停め直してやっと落ち着けました。

朝から移動して結局動けるようになったのは夜でした。
この日はクリスマスなので開いてたステーキハウスに入ったら
思ってた以上に美味しい!
その後は軽く夜景を見て、ホテルに戻りました。


この日の写真のリンクはこちら
https://photos.app.goo.gl/s6nreIHriYgdExmw2

高校同窓会ロンドン忘年会

札幌の母校のロンドン同窓会の忘年会がある
ということでロンドンに行ってきました。
2時半という微妙な開催時刻ですが、飲んだら泊まり。
今回は何と1泊27ポンドのホステルを
ハイドパークの北側に取りました。
チェックインは12時からということだったので、
朝10時に出発して忘年会開催地のカムデンで遊ぶ計画でした。
ところが渋滞でホステルにチェックインしたのは1時すぎ。
「84号室の開いているところにどうぞ」とシーツと
枕カバーを渡されて、2階に上りました。

すでにほぼ満員?荷物で足の踏み場もありません。
何とか開いてた中段のベッドに荷物とシーツを入れて
場所を確保。
カムデンへにつくともう2時。

ちょっとマーケットを覗いたら大雨になりました。
散策できる天気でも残り時間でもなくなり、
15分前にギリシャ料理屋の会場へ。
お店にはいると誰もお客はいませんでした。
が時間にはメンバーがそろい、他のお客さんも増えて
にぎやかになりました。
目的のたこ料理は予想より小さいながらも美味しい!

2次会はカムデンのアイスクリーム屋です。
一旦散会し、同期会をいつもの日本食屋でと向かいましたが
残念ながら貸切!でした。
近くの別の居酒屋で晩御飯を食べて散会。
ホステルの真っ暗な部屋を携帯の明かりをたよりに
ベッドにつきました。

ベッドは超狭かったです。なんせ荷物と一緒に寝たので。
床はもう荷物を置くスペースがないくらいスーツケースやら
バックパックやら。 ロッカーもいっぱいのよう。
何とか靴をつぶされなさげなスペースに置いて就寝。
暖房が効いているのでふとんを横に出してシーツをかぶって
寝たら、寝返りのスペースもありませんでした。
朝その小さなベッドで着替えてベッドから出ようとすると、
女の子が通路で着替えていてびっくり。
しばらくベッドにひっこんでから食事に降ります。
若い男女が数十人も並んでました。
どうもトースト待ちのようですが、長い列に並んで
途中からシリアルコーナーに抜けて軽くシリアルを食べて
チェックアウトしました。 トーストだと20分待ち?

雨が小降りだったので、すぐに地下鉄に乗らずにハイドパークを
歩いて南下することにしました。

寒いのに、ランニングしている人多数。
池の白鳥と戯れる観光客も大勢来ていました。

ローヤルアルバートホールや

博物館のスケートリンクのクリスマスツリーを見て
地下鉄で戻りました。

この週末の写真のリンクです。
https://photos.app.goo.gl/2wiMCXJZO1vuCQmF2